【 ご確認ください:推奨環境

成長ホルモンの分泌量は年齢によって変化

成長ホルモンの分泌は小児期に多く、思春期にピークを迎え、それ以降は年齢とともに低下します。しかし成長ホルモンは代謝を調節するなど健康を維持する重要な役割を持つため、成人後も分泌されています。

年齢ごとの成長ホルモン分泌量の変化

成長ホルモンの分泌量は、思春期前を1とした場合、思春期後半にはおよそ2倍の量が分泌されます。
その後、分泌量は加齢と共に徐々に低下していきますが、成人後も一定量が分泌されます。